秋田県神社庁

神宮大麻・神棚

神宮大麻

神宮大麻とは?

写真:神宮大麻

神宮大麻(じんぐうたいま)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)をおまつりする伊勢神宮(いせじんぐう)のお神札(ふだ)です。天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、日本人に稲を授けてくださった神さまで、古来より皇室(こうしつ)の御祖神(みおやがみ)として、そして日本人の総氏神(そううじがみ)として尊ばれています。
神宮大麻は毎年、年末になると地域の氏神(うじがみ)さまを通して全国の家庭に配られます。

このページのトップへ

まつり方について

お神札のまつり方

神棚は、家族の守りの中心となり、お祈りをするところとなりますので、家の中でもっとも清らかで明るく、静かな高い場所を選びます。神棚を祀る方角については、明るいところとなるよう、ふつうは日が昇る東向きか、太陽の光がもっともふりそそぐ南向きにおまつりします。

お神札は、横に並べてまつる場合、重ねてまつる場合、それぞれ並べ方(重ね方)があるので注意しましょう。

三社造りの場合

(神札を横に並べてまつる場合)

イラスト:三社造りのイメージ

中央に神宮大麻、右に氏神様、左に崇敬する神社のお神札を。

一社造りの場合

(神札をかさねてまつる場合)

イラスト:一社造りのイメージ

一番手前に神宮大麻、次に氏神様、その後ろに崇敬する神社のお神札を。

神前のお供えについて

神前へのお供えは、お供えする米・水・塩などを横一列に置く場合と、二列に置く場合とがあります。

神前には、米、水、塩のほかに、酒、季節の初物、お土産などを感謝の気持ちをこめてお供えし、二拝二拍手一拝の作法で朝と夕にお参りします。

榊は木へんに神と書きます。文字のとおり、昔からご神木として神事に用いられてきました。「古事記」の神話にも天照大御神が天の岩戸にお隠れになったとき、祭事に使われたと記されています。家庭の神棚には常に新しい榊をお飾りしましょう。

正月飾り

新しい年の神様(年神様、歳徳神)をお迎えするため、年末に大掃除をした後に飾ります。ただし、昔から一夜飾りはよくないとされていますので、遅くても大晦日前の12月31日前に玄関にしめ飾りをはり、神棚も新しい注連縄や御神礼にかえておまつりします。そのほか、神棚や床の間には鏡餅をお供えしたり、玄関や門の前の左右に門松を立てたりする家や地域もあります。正月飾りは1月7日までお飾りし、どんど焼きなどの行事でお焚きあげされます。多くの地域ではこの日に松の内が終わります。

古いご神札の納め方

一年間お守りいただいた古いお神札は、年の暮れに神棚からお下げして、粗末にならぬよう神社に納めます。
そして神棚には新しいお神札をおまつりします。
これは、新年を迎えるにあたり、生き生きとした新しい生命力を神様からいただくためです。
神社では、古いお神札を、どんど焼きなどの浄火で焼納します。

このページのトップへ